Water radiator

使っていた給湯器が故障したなら【交換を検討するタンミングかも】

資格が必要

交換も検討しよう

給湯器

給湯器が故障してしまったならば、簡単な修理であれば、自分で行うことが出来るという考えを持つ人もいるかもしれませんが、修理をするためには、認定資格を所有している必要があります。そのため、自己責任で修理をするにしても、危険を伴う可能性がありますので、給湯器が故障した場合には、早めに専門業者に修理を依頼するようにしましょう。なお、給湯器が故障したタイミングがメーカーが生産を中止してから10年を経過してからであった場合、修理に必要な部品が手に入らない事があります。このような場合には、故障した給湯器を修理して使用するよりも、新しい給湯器に交換したほうが結果的に安く済むことも少なくはありませんので検討しましょう。給湯器の修理に必要となる費用は、故障の原因によっても異なりますし、修理を行う業者によっても異なる可能性があります。そこで、修理を依頼するという場合には、いくつかの業者に見積もりを依頼することをおすすめします。故障はしておらず、万が一の為におおよその費用が知りたいという場合には、Web見積もりを利用することで、おおよその費用を知ることが出来ますし、すぐに修理が必要であるという場合には、実際に給湯器の状態を確認してもらってから見積もりの提示を依頼するようにしましょう。修理を依頼するにあたって、不明点がある場合には、必ず修理を依頼する前に確認するという事が後々のトラブルを防止するためには大切なことです。

ガーデニングに注意

作業員

給湯器を外に配置している家庭は決して少なくありません。その屋外配置の場合は、室内配置とは違う心づかいが必要となってきます。そのなかでも気を付けてほしいのがその周囲に物を置かないことで、それが原因で故障になるケースも少なくありません。特に、ベランダや庭などに配置するため、ガーデニングをして給湯器の近くにも植木されていることも多いです。もしも、その植物の葉が落ちて給湯器の排気口や吸気口を塞いでしまったら、空気の循環が滞ってしまい装置に負担をかけてしまい故障となります。長く給湯器を利用し続けたいと考えるならば、少なくとも給湯器から半径1メートルは物を置かないようにすることが、故障のリスクを減らすことです。そして、さらに給湯器を寿命を延ばそうと考えているのならば、定期的に保守点検をすることが大切です。といっても、その点検は個人でできるようなものではありません。業者に依頼しての点検となり多少の費用がかかることもありますが、アフターケアとして無料で行ってくれるメーカーもあります。その点検で劣化部品が見つかればそこだけ交換するだけで故障の確率を大幅に減らすことができるでしょう。また衰えていた機能が回復して、利便性が高まることも少なくありません。その保守点検は使い始めて5年目にするのが良いとされています。その次は少し期間が短くなり7年〜8年で、その次はほぼ寿命となっているため、買い替えを検討する時期となるわけです。

お湯だけじゃない

給湯器

日常生活の中で必要不可欠になっている「お湯」の存在。お湯を何気ないものとして使っている、そんな私たちの生活環境をがっちりと支えてくれているのが、ガス給湯器です。ガス給湯器と言えば、文字通りの「給湯」はもちろんのことですが、床暖房や浴室暖房乾燥まで担ってくれます。そして、最も真価を発揮するのがお風呂。シャワーの他、湯船に設定した湯量まで自動で湯はりしたり、温度が下がると自動で追い焚きしてくれたりと、至れり尽くせりです。まさに、我が家の「暖」を広くカバーしてくれるのです。ガス給湯器の選択が、生活スタイルを左右するという表現も、決して大げさなものでは無いはずです。我が家を検討する上で、ガス給湯器は最も重要な機器のひとつと言えるでしょう。ガス給湯器を十分に活用するためには、家族構成や用途から性能を検討することが重要です。ガス給湯器には「号数」というものが存在し、その数値が大きい程、一度に使える容量(機器の数)が多くなるのです。例えば、16号であれば、一度に使えるのはシャワーのみ。これに対し、24号にもなると浴室で追い焚きをしながらシャワーを浴びつつ、キッチンで給湯することまで可能になります。また、光熱費の中でも多くを占める給湯ですので、費用が心配というイメージがありましたが、現在発売中の主流機器の中には「エコジョーズ」という、効率の良い燃焼により省エネ性の高いものが販売されています。これらの機器を使用することで、月々の燃費がお得になるのは間違いありません。しっかり検討し、自分にフィットする選択を考えましょう。