Water radiator

使っていた給湯器が故障したなら【交換を検討するタンミングかも】

環境によって変わる

まずは落ち着いて

リモコン

一度給湯器の便利さを知ると、もはやそれが無い生活は考えられません。単にお湯が出るだけじゃなく、とても便利な昨日がたくさんついているからです。なので、急に動かなくなったときは、ものすごくパニックになってしまいます。しかし、不具合が出たときは一旦落ち着くようにしましょう。多くの人が、故障したのでは、とすぐに思いこんでしまいがちです。実際は別の理由で不具合が起こっている可能性もあるからです。一番多いのは止水栓が開いてなかったり、なんからの原因で断水されていたりする場合です。他にも冬場であれば凍結ということもあります。エラーが表示されたときは説明書などを読んで、それにしたがって確認してみましょう。それでもダメならいよいよ修理を依頼です。給湯器が故障すれば、専門の業者に依頼すればすぐに駆けつけてくれます。修理を依頼した場合、メーカーによって費用がかわってきます。もちろん故障箇所によっても大きくちがいますので、心配な人は事前に見積もりを出してもらうようにしましょう。給湯器も耐用年数がありますし、外付けや使用頻度など、環境によって劣化のスピードも変わってきます。なので修理をしたとしても、他の箇所も老朽化が進んでいることがあります。買ったばかりでであれば修理したほうがましですが、長年使っていた場合は、買い替えたほうがお得になることもあります。いま給湯器は機能も向上し、値段も安くなってきています。万が一故障したときは、買い替えが修理かを天秤にかけて判断するのもひとつの手です。

縮める要因

リモコン

一つでいろんな役割をする給湯器ですが、機械である以上、当然寿命があります。国内メーカーのものは非常に高性能な上、耐用年数もかなり長くなっていますが、使い方いかんによってはそれよりも長く、もしくは短くなることがあります。たとえば、設置場所一つ取ってもスペースの広さなどで変わってきますし、湿気が多いところなどでは腐食が進むこともあります。寿命をできるだけ延ばしたいなら、排気カバーをつけるなどをして空気の流れを良くするといいでしょう。よく入浴剤を使う方がいるかと思いますが、これも寿命を縮める一因になることもあります。また普段から洗浄することを心がけることにより、耐用年数はグッと延ばすことも可能です。国内メーカーの多くが推奨している耐用年数はおよそ10年です。もちろん先述したように、使い方によってはそれよりも長く使えることもあります。ただ、外からでは劣化や故障がわかりづらいこともあり、ある日突然不完全燃焼などが起こることもあります。安全装置が完備されていますが、万が一に備えて定期的なメンテナンスおよび修理・部品交換をおこなうとよいでしょう。もちろん新しい給湯器に換えるのも一つの手です。最近では効率も上がって、従来品よりも光熱費をかなり抑えられる給湯器もたくさんありますし、機能も大変向上しています。給湯器の寿命を感じたら、すぐにでもメーカーや専門のお店に相談するとよいでしょう。いまなら取り付けなどをセットでやってくれるのでお得です。

環境によって変わる

給湯器

毎日使用するお湯は、給湯器で作られます。ある日突然給湯器が壊れたら困りますよね。では、給湯器の寿命とはどのようになっているのでしょうか。給湯器の寿命は10年とされています。ですが給湯器は使用する環境などで寿命は大きく変わります。故障の原因には環境も関係しています。屋外に排気のための空間が少ないと、排ガスを再び取り込んでしまい、故障の原因となります。屋外にある排気部分や、配管が傷むことで故障することもあります。特に雨が当たる場所では傷みます。寿命が10年とされていますが、故障が起きやすくなるのは、7年から8年経った頃です。その頃までに、いつもと違うと感じることがあった場合は、使い続けずに、点検や修理をしたほうがいいです。給湯器の寿命を早くさせないようにすることもできます。お風呂では水の配管を傷めないようにすることです。入浴剤を使用する人は多いと思いますが、入浴剤の種類によっては、成分に硫黄が入っていることがあります。硫黄は配管を傷めてしまうことがあるため、入浴剤を使用するときは成分を確認してから使用します。また、入浴剤を使用したときは、追い焚き機能は使用しない方がいいといわれています。給湯器には、屋外部分の排気カバーや配管カバーを付けたほうが良い場合があります。カバーがあることで、配管が傷まないからです。また、吸気や排気がスムーズに行え、故障を防ぐことができます。ガスや石油の給湯器は、長年使用すると故障時の事故が心配になります。壊れるまで使う前に、点検を受けることで安心して使用できます。