Water radiator

使っていた給湯器が故障したなら【交換を検討するタンミングかも】

生活に欠かせないものです

突然の故障に注意が必要

模型

ガス給湯器は日常生活において重要な役割を果たしています。毎日の入浴や洗い物、床暖房などガス給湯器は様々なシーンで活用されているアイテムです。いまでは私たちの生活に欠かせないガス給湯器は平均寿命が15年程度とされているものです。このため、毎日当たり前のように使用していたガス給湯器はある日突然、故障する場合もあるため注意が必要です。何の前触れもなく突然使用が出来なくなるケースも多くあるため、寿命年数が近くなってきた場合には早めの交換をおすすめします。まだ故障していないからといって、長年使用を続けると困ったことになってしまうため注意が必要です。このため、故障していなくてもガス給湯器の場合には、設置年数によって交換を検討することをおすすめします。ガス給湯器は年々、様々なタイプが販売されています。光熱費を大幅に削減することができる機能がついているアイテムも登場していることから、交換することで月々のガス代に変化が表れるものもあります。特に冬場の暖房を床暖房などに頼っている場合には、このような光熱費削減が可能なガス給湯器の方がおすすめです。また、ガス給湯器は様々な業者が設置をしてくれます。このため、数か所の業者の見積もりを比べてみることで、同じタイプのガス給湯器であっても格安に設置することが出来るようになります。ガス会社が提供しているガス給湯器の場合には定価に近いケースが多いため、時間が許す限りガス会社以外の業者をあたってみることをおすすめします。

インターネットを活用する

リモコン

給湯器は平均10年程度で交換するのが多いといいます。そして給湯器の交換は依頼する業者によりますが、思ったよりお金がかかります。給湯器の交換業者は、街の工務店や給湯器メーカー系列の会社、建築関連会社、ガスやガス製品を扱っているところなどがあります。もうひとつはインターネットで探せる給湯器の安売りサイトです。給湯器を交換するのでしたら、上記のような複数のところで見積もりしてもらいましょう。多分、インターネット上の比較やまとめサイトが一番安いでしょう。そして、見積もり価格の差は下手をしますと2倍位違うこともあります。安いといってもインターネットですと少し不安な人もいるかもしれません。しかし、インターネット上の比較やまとめサイトでは、全国各地に工事を委託する会社がありますので、心配は要らないでしょう。給湯器の交換にインターネット上の比較やまとめサイトを使う利点は、交換費用が安いだけではありません。インターネット上の比較やまとめサイトでは、受付や工事等の分担がきちんとしていて、キビキビとした対応が特徴です。そして、休日等も営業していますので、時間に縛られない利点もあります。安売りサイトで給湯器の交換を申し込みしますと、設置場所の近くにある工事を委託した業者がやってきて作業をします。実際、給湯器の交換は工事らしい工事ではありませんので時間も短く、アフターサポートもきちんとしているところがほとんどです。給湯器や周辺の配管等は、自分で安く調達して工事だけ依頼できるところもあります。こうすることで価格の高いところへ交換依頼するよりかなり安くあげることができます。

何でお湯を沸かしますか

リモコン

いつでも簡単にお湯をつかえるようにする給湯器には、湯を沸かす方式の異なるいくつかのタイプがあります。大まかには、電気、ガス、石油の三種類です。電気給湯器は、安い深夜料金を利用して、夜のうちにヒーターで湯を沸かして溜めておくタイプです。深夜料金で使うためコストが安く、また音も静かなのが特徴です。ガス給湯器は、瞬間的に必要な量のお湯を沸かすタイプで、燃料の無駄がなく、タンクが不要なため小型化できます。石油給湯器は、ガス同様に瞬間的にお湯沸かすタイプで、燃料費も比較的安く済みます。ただ燃料用のタンクが必要になります。このように、それぞれ異なる特徴を持った給湯器があるので、自分の生活スタイルに合ったものを選ぶことが出来ます。3つの方式には、それぞれメリットとデメリットがあります。電気給湯器は、コストを抑えることが出来るますが、前もって蓄えておくタイプなのでそのための大きなタンクが必要になります。また1日に使える量にも上限が出来てしまうほか、使いきれない分がロスになってしまいます。あと、ヒーターによる加熱のため臭いもなく音も静かですガス給湯器は、ガスを使うので火力が高いのですが料金は高くなる傾向があります。そのかわり、必要量を必要な時にすぐ使えるため、お湯を溜めるタンクが不要で小型化が容易です。ガスのため臭いもほとんど出ません。石油給湯器は、価格の安い灯油をお使うためコストは低めです。またガス同様火力も高く、ほぼガス同様の使い方が出来ます。ただし、燃料用のタンクが必要で、また加熱時に若干の騒音と灯油を燃焼する匂いが発生します。